ハウスクリーニングの料金相場は?条件別の料金相場について紹介

コラム

コラム

ハウスクリーニングの料金相場は?条件別の料金相場について紹介

  • 公開日:2022年07月15日
  • 更新日:2022年07月15日
【目次】

ハウスクリーニングの料金相場は条件によって変わる

「ハウスクリーニングっていくらかかるの?」と、漠然な疑問を抱えている人も多いでしょう。ハウスクリーニングの料金相場は、面積が広ければ広いほど上がります。そのほかにも戸建てか賃貸か、入居中か退去後かによっても異なってくるでしょう。入居中であれば部屋の物を移動させる手間が発生し、スムーズな作業に影響が出るため空室時よりも20%〜30%ほど費用がアップする傾向にあります。細かい料金設定はハウスクリーニング業者によって異なるので、物件の条件を絞り込み、全体の費用を比較しながら探すのがおすすめです。

物件タイプ別ハウスクリーニング料金相場

ハウスクリーニングを検討する際は、物件の特徴別相場を知っておきましょう。物件のタイプや広さによって異なる料金の相場を、細かく解説していきます。

戸建てのハウスクリーニング料金相場

戸建てのハウスクリーニングは60,000円~140,000円がおおよその相場となっています。その中でも広さによって、以下のように細かく変動します。

・2LDK/3DK 60,000円~100,000円
・3LDK/4DK 70,000円~116,000円
・4LDK/5DK 80,000円~135,000円

2LDK/3DKでは高くても100,000円以内で納まる程度となっていますが、最も広い4LDK/5DKでは135,000円程度かかるケースもあることがわかります。さらに、それぞれの広さにおいて見受けられる40,000円~55,000円ほどの料金差は、ハウスクリーニングの徹底度合いが影響しています。クリーニング箇所を細かく設定したり、防カビ仕上げなどのオプションを付けたりすれば、料金が高くなるでしょう。複数箇所をまとめたパックやプランなら料金がお得に設定されるケースもあるので、参考にしてみてください。
戸建ての場合は物件によって部屋の間取りが異なる点も相場に響きます。複数のトイレや浴室、キッチンが備え付けられているなど、間取りが複雑になればなるほど料金も比例して高くなるのが一般的です。戸建てのハウスクリーニングは自宅の間取りを把握しておくと、おおよその料金相場が見えてきます。

マンションのハウスクリーニング料金相場

マンションの入居時に行うハウスクリーニングは26,000円~115,000円がおおよその相場となっています。マンションの場合も戸建てと同様に、広さによる相場変動があります。

・1K/1DK 26,000円~46,000円
・2LDK/3D 45,000円~91,000円
・3LDK/4DK 58,000円~100,000円
・4LDK/5DK 68,000円~115,000円

広くなるほど相場が上がっていますが、戸建てに比べてマンションの方がハウスクリーニング費用が抑えられていることが読み取れます。これは、マンションの間取りは戸建てよりも単純であることが多く、労力や作業時間が軽減される点が関係しています。

場所別ハウスクリーニング料金相場

ハウスクリーニングと聞くと、引越し時に部屋中をまとめて行うハウスクリーニングを想像する人も多いでしょう。しかし、ハウスクリーニングは引越し以外のどんな時期でも、場所別の単品依頼が可能となっています。自分では掃除が行き届かないような場所を徹底的にきれいにできたり、1年の節目に依頼することで清潔を保てたりするなどのメリットがあります。以下では、場所別のハウスクリーニング料金相場を解説していきます。

浴室/12,000円~18,000円

浴室のハウスクリーニングの相場は、12,000円~18,000円です。掃除の対象は浴室内の全てです。壁・床・浴槽・天井など普段の掃除箇所に加え、換気扇・蛇口・エプロン部分・窓・照明などに至るまで、細かい所まで丸ごときれいにしてもらえます。浴室のみの依頼には洗面所が含まれないケースも多いため、希望の掃除範囲がどこまでなのかを明確にして、業者に確認しておくと確実でしょう。
基本的なクリーニング内容に、防カビ仕上げやコーティングなどといったオプションを加えた場合には、一つひとつの工程ごとに3,000円程度の費用がかかります。清潔をより長く維持したい方は、予算と照らし合わせながら検討するのもいいでしょう。

キッチン/12,000円~20,000円

キッチンのハウスクリーニングの相場は、12,000円~20,000円です。キッチンにはシンク・排水口などの水周り特有の水垢汚れ以外にも、コンロ回り・魚焼きグリルなど頑固な油汚れなども集中しています。壁・カップボード・照明など掃除範囲も広く、汚れが溜まりやすいキッチンは、浴室と並んで費用が高い箇所といえるでしょう。専用の洗剤や道具を使って徹底的に汚れを除去します。汚れの状態がひどい場合には基本料金よりも費用が高くなる可能性もあるので、注意しましょう。

トイレ/6,000円~9,000円

トイレのハウスクリーニングの相場は、6,000円~9,000円と比較的安い傾向にあります。自分では手入れしにくいタンクの内部や、見落としがちな細かいパーツの裏側まで便座を外して一掃してくれます。また、トイレのハウスクリーニングは汚れやすい場所だからこそ、複数のオプションがあります。汚れをつきにくくする「汚れ防止コート」や、菌がつきにくくなる「除菌クリーニング」などは、それぞれ3,000~4,000円が相場になっています。自宅に人を招くのが好きな人などは特に、自宅のトイレの汚れが気になるのではないでしょうか。オプションをつけることでより長く清潔な状態を保てるので、検討してみるのもいいでしょう。

エアコン/8,000円~15,500円

エアコンのハウスクリーニングは、本体機能によって料金相場が異なります。通常のエアコンだと8,000円~9,000円程度の相場ですが、掃除機能が搭載された高機能エアコンの場合は13,500円~15,500円程度かかります。エアコンのハウスクリーニングは一度あらゆるパーツを分解して掃除するので、高機能なものほど構造が複雑なのです。自動掃除機能で普段の掃除が楽になるのはありがたいですが、その分クリーニング費用は高くなると覚えておきましょう。

入居中か空室かによって料金は変わる

ハウスクリーニングの料金は、入居中か空室かによっても変わります。上記で解説したハウスクリーニング料金の相場は、どれも入居中のものです。入居中にハウスクリーニングを行う場合は、家具家電などが洗剤で汚れるのを防ぐために養生を行う必要があります。空室のハウスクリーニングは物を移動させる手間がなく作業がスムーズに行えるので、入居中よりも20%〜30%ほど料金が安く設定されています。引越しに伴うハウスクリーニングを検討している人で退去のタイミングが調整可能であれば、余計な荷物の移動や手間がかからない退去後に依頼することで、入居中よりも金額を抑えられる可能性が高まります。

ハウスクリーニングの料金が高くなってしまうケース

ハウスクリーニングを行った際に、通常料金よりも高く請求されてしまうケースもあります。以下で具体的に解説していくので参考にしてみてください。

家具や荷物などが極端に多い

ハウスクリーニングを行う場所の家具や荷物が多いと、物の移動作業が増えるため料金が高くなってしまう可能性があります。荷物の量が不安な場合には事前に業者に相談し、できる限り撤去しておくといいでしょう。

汚れの状態が著しくひどい

部屋の汚れの状態によっても料金は変動します。経年劣化や生活による許容範囲内の汚れの場合は、通常の料金内で納まりやすいでしょう。しかし、汚れの度合いが著しくひどいと洗浄効果がより高い薬液や器具を使用したり、通常以上の手間がかかったりするため別途料金が発生しかねません。別途料金の発生は業者によって異なるため、事前の訪問見積もり時に気になる場所に特別料金がかかるかどうか確認しておくと安心です。

一戸建て住宅

家全体のハウスクリーニングを行う場合は、集合住宅に比べて一戸建て住宅のほうが料金が高くなりやすい傾向にあります。これは同じ間取りでも一戸建てのほうが面積が広く、廊下や階段など複雑なスペースも作業に追加されることが原因です。物件によっては洗面台やトイレが2つ以上あるなど、単純に作業箇所が多いケースもあるでしょう。住宅の間取りによっては料金が変わらない可能性もありますが、集合住宅よりは通常料金以上の費用がかかりやすいことを抑えておくと安心です。

駐車できるスペースがない

ハウスクリーニング業者は作業道具などを持ち運ぶため、車での訪問が一般的です。業者の車が駐車できるスペースがないと、近隣のパーキングなどを利用することになるでしょう。業者によっては駐車料金を諸経費として依頼者に請求する場合もあるので、見積もり時の確認が重要です。

ハウスクリーニングの料金を安く抑えるポイント

自宅で気になる箇所の清潔を保つほかに、不動産売却をスムーズに行うためにも、ハウスクリーニングを行うことは重要です。しかし、クリーニング費用の高さから依頼になかなか踏み切れない人もいるでしょう。部屋の間取りや広さは変えられませんが、出費をなるべく安くするための方法がいくつかあります。以下で、安く抑えるポイントを解説していきます。

閑散期に依頼する

ハウスクリーニングは一般的にエアコンを使用する前後の6月〜9月・年末・新年度の時期に需要が高まる傾向があります。値下げに応じてもらいにくいほか、希望日時の依頼が難しくなる可能性もあります。閑散期にあたる時期は1月~2月・4月~5月・10月〜11月です。大掃除や引越し、エアコンクリーニングの時期と重ならないため、交渉次第では値下げをしてもらえる可能性もあります。さらに、業者によっては閑散期の集客のために割引価格や特典を設定しているケースもあります。エアコンクリーニングの依頼も検討している場合は、一般的な繁忙期と重ならないよう早めに状態をチェックし、依頼の時期をずらすなど工夫するのがおすすめでしょう。

荷物を移動させてから依頼する

ハウスクリーニングは、可能な限り荷物の搬出後に依頼しましょう。居住中だと、住宅内の家具家電などをクリーニング時に使用する洗剤や道具で汚したり傷つけたりしないように配慮しなければならなくなります。家財道具の移動や養生が必要になり、作業に手間取ってしまいます。空室の状態であればそれらの手間が省け、作業が効率良く行われるので、通常料金よりも安くなる可能性があります。退去の日程に余裕がある場合には、荷物搬出後のハウスクリーニング依頼を検討してみましょう。

複数箇所をまとめて依頼する

汚れが気になる場所が複数ある場合には、まとめて依頼しましょう。個別料金で見ると一見安く感じますが、1か所ずつ依頼すると割高になってしまいます。例えば、水周りパックは浴室・洗面所・キッチンなどがセットになっており、個別の依頼に比べて数万円安くなるケースもあります。ハウスクリーニングはこまめに行うよりも必要箇所がある程度揃ってからの依頼がお得だと覚えておきましょう。また、割引料金のセットプランは業者によって設けていない場合もあり得るので、事前確認が確実です。パック料金を設定していなくても、まとめての依頼だと料金交渉に応じてもらいやすくなるため、賢く費用を抑えましょう。

複数のハウスクリーニング業者から見積もりをとる

ハウスクリーニングを検討する際には一括査定サイトなどを利用して、複数業者の相見積もりをとるのがおすすめです。同じような広さ・間取り・依頼箇所でも、業者によって提示料金や特徴が異なります。一般的な掃除箇所の重点的クリーニングを得意とする業者や、専門的な掃除箇所の細かな部分まで請け負ってくれる業者など特徴もさまざまです。いくつかの業者を比較して、最も希望条件に近いサービスを提供している業者の選定が重要です。その際に注意したいのは、料金表の比較だけで選ぶのは禁物ということです。極端な低料金を設定している業者は技術力が低いケースもあるため、手順・作業内容・実績などをチェックし、信頼できる業者を選びましょう。

できる限り自分で掃除する

ハウスクリーニングは業者への依頼箇所が増えるほど料金が高くなります。こまめに掃除を行い、汚れが溜まりやすい箇所は定期的に念入りな掃除をすることで、ハウスクリーニングの依頼箇所を減らせます。掃除グッズを購入してもハウスクリーニングを依頼するよりは安く済むでしょう。自分では落とせない頑固な汚れ部分のみ、ハウスクリーニングを依頼するといいでしょう。

定期的に掃除代行サービスを利用する

普段の掃除で落としきれなかった汚れは、時間が経つにつれて頑固な汚れへと変わっていきます。自分での掃除に限界を感じたら、ハウスクリーニングを依頼しなければならないほどの頑固な汚れになる前に、定期的に掃除代行サービスを利用しましょう。タイミングを見極めて掃除代行を依頼すれば、結果的に費用が安く済むこともあります。定期的に部屋全体を見渡してみて、掃除が行き届いていない、頑固な汚れになりそうな箇所はないかチェックするのがおすすめです。

入居時・退去時のハウスクリーニング料金の支払いについて

ハウスクリーニング料金の請求は、一般的に退去後おおよそ1か月以内に管理会社から届きます。中には賃貸物件契約時の初期費用に含まれることもあるでしょう。ハウスクリーニング代は本来、国土交通省の定める「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」にもある通り、大家負担のものです。しかし、大家は「特約」としてハウスクリーニング代を借り主負担にできます。「特約」を拒否すれば、賃貸契約が破棄される可能性もあるでしょう。入居前に退去時のためのハウスクリーニング代を支払うのは、退去にかかる費用トラブルの回避や敷金の代わりなどを役割を果たすためです。物件の広さや部屋数、賃貸予定の物件によって支払いのタイミングや料金が異なるので確認しましょう。
賃貸物件の退去時は、借主側に「原状回復義務」が課せられます。経年劣化や常識範囲内の汚れや使用感に関しては、ハウスクリーニング代で問題なく納まるでしょう。しかし、タバコのヤニや借り主の不注意による損傷や汚れなどは、事前に支払っていたハウスクリーニング料金(敷金)を修繕費が超える可能性があり、その場合は責任を持って負担しなければなりません。
引越しには礼金や仲介手数料など避けられない費用が多くかかる中で、クリーニング代までとなると気が重い人もいるでしょう。では、退去時に部屋をきれいに掃除すればクリーニング代は安くなるのか?というと、答えはNOです。ハウスクリーニングはあらかじめ決められた箇所の特殊清掃です。普段の掃除で行き届かないような箇所や頑固な汚れを、プロの手によって次の住人に受け渡せるほどの状態にするので、クリーニング費用の支払いは避けられません。しかし、必要以上の費用を請求されないためにも原状回復は重要になってくるので、決して侮らずお世話になった気持ちを込めて掃除をしましょう。逆にいえば、よっぽどひどい状態でない限り支払い済みのハウスクリーニング料金を超えることはないので安心してください。
もしも初期費用が高すぎてハウスクリーニング料金(敷金)の支払いが難しい場合は、後払いや分割などの方法を交渉・検討してみてはいかがでしょうか。

ハウスクリーニングはプロへの依頼がおすすめ

自分でもできる部屋の掃除を依頼することでどんなメリットが得られるのか、疑問を抱えている人もいるのではないでしょうか。掃除のプロによるハウスクリーニングは、余計な手間や時間をかけずに効率よく徹底的にきれいにしてもらえるほかにも、メリットが多々あります。
まずは、身体的影響を与えかねないカビや菌の排除が可能です。子どもや高齢者、アレルギー症状の出る人などがいるご家庭では、健康への影響をより心配に感じるでしょう。特に汚れが溜まりやすい浴室やトイレは、専門的な掃除に加えて除菌・抗菌も行ってもらうことで安心して生活できます。換気扇など自分では行き届かない高い場所や狭い箇所の掃除にも対応しています。
さらに、適材適所の洗剤や道具は素人では選定が難しい上に、購入を誤ってしまうと使用機会がなく無駄になってしまいます。無理に使用すれば傷みの原因になり、高額な補修費を請求されかねません。ハウスクリーニングの知識・技術・経験を持ち合わせたプロに依頼することによって、最適な道具・掃除法で隅々まできれいにしてもらえるでしょう。
体の不調時・高齢者・妊婦などにとって、高所作業や体に負担のかかる作業は転倒やぎっくり腰などの危険性もあります。プロにお任せすることで体に関する危険を回避でき、体の状態以上の掃除を依頼できることは、安全面においても大きなメリットといえるでしょう。

ハウスクリーニング業者を選ぶ際のポイント

ハウスクリーニング業者を選ぶ際には、料金以外にも注意すべきポイントがあります。数ある業者から最も自分の求めるサービスを提供する業者を絞り込むために、以下のポイントを参考にしてみてください。

 

自宅がハウスクリーニングの対応地域にあるか

ハウスクリーニング業者を選ぶ際は、はじめに対応可能地域かどうか確認しましょう。業者によって、対応エリアが全国規模・限定地域などさまざまです。気になったハウスクリーニング業者が中小規模である場合は特に、ホームページで対応可能地域を確認してから依頼すると確実でしょう。

専門知識・実績が豊富な業者か

ハウスクリーニング業者の選定では、専門知識と実績がどれほどか調査が重要です。料金は安くても必要な専門知識を持ちあわせていなければ、クリーニングの度合いが不十分・設備の取り扱いが不適切であるために起こる破損や故障など諸々のトラブルが起こり得ます。知名度が高く、実績が豊富な業者は、ホームページに口コミや評価が載せられているケースも多く、信頼性を判断しやすいでしょう。余計なトラブルを回避する上で必要な見積額であれば、最安値ではなくてもその料金設定は妥当だといえます。料金以外の項目にも注意して選ぶことで、依頼の安全性が高まります。

料金内でのクリーニング可能範囲を確認する

ハウスクリーニング業者を選ぶ際には、クリーニングの可能範囲をしっかりと確かめましょう。業者によっては、基本料金に含まれる作業箇所が少ない場合もあります。必要な箇所を追加すれば、その分料金が膨れてしまう事態にもなりかねません。基本料金やセットプラン料金の内容、オプション料金はどれほどかのチェックも忘れずに選びましょう。

依頼者の要望に対して柔軟な対応をしてくれる

依頼者の要望や疑問に対して柔軟な対応をしてくれるかどうかという点も、業者を選ぶ際には重要です。例えば、通常は対応していない早朝や夜遅い時間帯の依頼でも請け負ってくれる可能性があります。また、業者を選ぶ過程では、ホームページ等に未明記の内容について疑問が出てくることもあるでしょう。疑問点の確認や相談を行った際に、親身に対応してくれるハウスクリーニング業者に依頼すると、より依頼者のニーズに応えられるプランを提案してもらえるなど、満足のいくやりとりが期待できます。

損害保険に加入済みであるか

ハウスクリーニングでは作業中に住宅の破損や損傷などの問題が起きないように養生をしますが、必ずしも安心できるわけではありません。万が一のことを考えて、損害保険に加入済みの業者を選ぶことが大切です。損害保険に未加入のハウスクリーニング業者に依頼してしまうと、問題が起きた時に依頼者が損失を負担しなければなりません。損害保険に加入済みハウスクリーニング業者か、また保証の程度についてもよく確認するようにしましょう。

ハウスクリーニングはクリーンクルーへ

対応エリアを全国規模で拡大中のクリーンクルーは、安心・安全を提供する地域密着型のハウスクリーニング業者です。汚れの気になる箇所の掃除を気軽に依頼したい場合におすすめな単品プランや、お得なセットプランも充実しています。毎日使う水周り4箇所(浴室・キッチン・トイレ・換気扇)がセットになったプランはクリーンクルーの人気ナンバーワンで、定価69,000円(
税込75,900円)です。随時行われているキャンペーンでは40%以上割引などお得なチャンスもあるので、定期的にホームページを覗いてみるといいでしょう。
大掃除や1年の節目、引越しなどで部屋全体を掃除したい方におすすめなセットプランもあります。30㎡前後の1K〜1LDKは、 18,000円(税込19,800円)~32,000円(税込35,200円)となっています。新築・中古住宅に関わらず、物件の設備や状態などで査定される見積もりは、無料で現地まで訪問してもらえます。
さらに、即日対応のクリーンクルーは依頼者の希望日時での見積もり訪問・作業を調整・予約が可能です。業界初のPマーク(プライバシーマーク)取得で、依頼者のプライバシー保護や秘密厳守の徹底もしています。不慮のトラブル時には最高3000万円まで保証される損保にも加入済みで、より安心して依頼できるでしょう。支払いにはデビットカード・クレジットカードが利用できるので、現金を持ち合わせていなくても大丈夫です。
「事前説明・作業・料金・仕上がり、どれをとっても丁寧」「プロならではの洗浄力で見違えるようにきれいになった」など、利用者のレビューの満足度も高く、信頼して依頼できる業者といえるでしょう。

ハウスクリーニング・ラインナップはこちら!

まとめ

自分でどれほど念入りに掃除をしても、プロの出来栄えにはかないません。腕がよければなおさらで、新品同然になるケースもあるでしょう。売却・引越しによる退去・住み続ける、いずれにしても家がきれいだとメリットがたくさんあります。忙しくて掃除する時間がない人や落ち切らない汚れに悩みを抱えている人は、プロのハウスクリーニング業者を活用してみてはいかがでしょうか。手間・時間をかけずに、徹底的に掃除してもらえます。料金相場の正しい把握と、希望条件に合う業者・適正価格を見極めた依頼に配慮し、賢く家をきれいにしましょう。

1 / 1112345...10...最後 »

クリーンクルーなら!
お客様のご要望に合わせた
プランが豊富!

ハウスクリーニング・エアコンクリーニングサービス対応エリア

MENU