大掃除リストで年末大掃除を効率化!チェックリストの作り方から活用方法まで

0120-331-839
カレンダーで予約
LINEお見積り
メールお問合せ
はじめての方へ
0120-331-839
カレンダーで予約
LINEお見積り
メールお問合せ
はじめての方へ

コラム

コラム

大掃除リストで年末大掃除を効率化!チェックリストの作り方から活用方法まで

  • 公開日:2022年10月07日
  • 更新日:2022年10月07日
【目次】

そもそも大掃除リストとは?

大掃除は、年末にその年の汚れをしっかりと落とすために行う掃除です。普段の掃除とは違い、いつもはしない場所の掃除もするので、抜け漏れなく対応することが必要です。そのため、掃除する場所別に掃除が終わったかどうかや、誰が掃除を担当するかなどについて確認するために作成するリストが大掃除リストです。大掃除リストでチェックしながら進めていくと、家族と進捗状況を共有できるのでとても便利です。例として、ベランダの大掃除リストを紹介します。

実施日 担当 場所
ベランダ床・排水溝
手すり
窓・網戸・雨戸/td>

大掃除スケジュールの立て方

続いて、大掃除スケジュールの立て方について解説します。大掃除は掃除する場所が多いので、1日で終わらせるのはなかなか難しい場合も多いものです。そのため、1日で終わらせる場合のスケジュールの立て方と、数日以上かけて決まった時間のみ行い、少しずつ進める場合のスケジュールの立て方を紹介します。
どちらのケースでも、まずは家中の掃除する場所と、各場所で具体的にどんな掃除が必要なのかのリストを作成してください。掃除の方法とは、水拭きや掃除機かけ、洗剤を使って洗浄するなどです。続いて、掃除する場所ごとに誰が担当するかを割り振っていきます。
1日使って大掃除を行う場合には、すべての箇所の掃除をすることは難しいかもしれません。その場合にはまず、1日何時間を掃除にあてられるのかを検討します。続いて、時間内で掃除する箇所の優先順を決めて、重要な場所のみピックアップしてください。
数日以上かけて大掃除をする場合には、掃除をする順番を決めて、対応する日付をリストに記載します。高い場所から順に掃除をするのが基本ですので、天井や照明など、部屋の上部から対応を進めます。ほかの予定が入ることを想定して、余裕のあるスケジュールを組みましょう。

キッチンの大掃除チェックリスト

キッチンの大掃除場所一覧

毎日の食事作りで使うキッチンは、大掃除でもしっかりと時間をかけて対応したい場所のひとつです。キッチンを使うたびにこまめに掃除をする習慣をつけておくと、大掃除のときに楽ができるのでおすすめです。キッチンで大掃除を行う場所は以下のとおりです。

・シンク、排水口
・コンロ
・換気扇
・冷蔵庫
・電子レンジ
・食器棚、食品棚

キッチンの大掃除に必要なグッズや洗剤

キッチンの大掃除では、汚れの種類に応じたグッズや洗剤が必要です。キッチン掃除専用の洗剤のほか、重曹とクエン酸、酸素系漂白剤があると便利です。手肌への負担を防ぐためゴム手袋を使用し、汚れの掃除や拭き取り用にスポンジや雑巾を準備しましょう。

キッチンの大掃除のポイント

キッチンは家の中でも特に、油汚れや水アカなど、いろいろな種類の汚れがある場所です。汚れの種類によって、もっとも効果がある洗剤を使うのが効率的にキッチンの大掃除をするポイントです。油汚れには重曹、水アカにはクエン酸が効果的です。
キッチンの大掃除では、冷蔵庫の中の掃除も念入りにしましょう。固く絞った雑巾で水拭きして、アルコール除菌剤を使って除菌するのがおすすめです。

洗面所の大掃除チェックリスト

洗面所の大掃除場所一覧

洗面所の大掃除では、洗面台の落ちにくい汚れ落としが中心となります。また、普段はなかなか整理整頓が難しい棚の中の小物類も、大掃除のタイミングではしっかりと確認してください。洗面所で大掃除が必要な場所のリストは以下のとおりです。

・洗面台
・洗面台下の収納棚
・排水口
・鏡
・収納棚の中
・床と壁

洗面所の大掃除に必要なグッズや洗剤

洗面所の汚れは、水回り専用の洗剤、重曹とクエン酸を使います。ブラシとスポンジ、水分を拭き取る雑巾も準備してください。カビが発生している場合には、カビ取り剤をラップで馴染ませるのがおすすめです。

洗面所の大掃除のポイント

洗面所の大掃除では、いつも使っている洗面台の掃除がメインとなります。洗面ボウルはもちろん、蛇口と鏡の水アカも落としましょう。水を含ませたメラミンスポンジで軽くこすり、水分をしっかりと拭き取ってください。

浴室の大掃除チェックリスト

浴室の大掃除場所一覧

水回りの中でも特に、ぬめりやカビが気になるのが浴室です。毎日のお掃除では取りきれなかった頑固な浴室の汚れは、大掃除のタイミングで徹底的に落としましょう。浴室の大掃除場所のリストは以下です。

・天井、換気扇
・鏡
・床、壁、ドア
・浴槽
・排水口

浴室の大掃除に必要なグッズや洗剤

浴室の大掃除では、普段使用している浴室用の洗剤とスポンジのほかに、重曹とクエン酸、メラミンスポンジがあると便利です。大掃除をした後に水分を拭き取るための雑巾も準備してください。

浴室の大掃除のポイント

浴室の大掃除では、いつもの掃除ではなかなか取れないカビや汚れを一掃しましょう。カビ取り剤を使用するときには、換気をしっかりとすることが大切です。手肌の保護のため、ゴム手袋の着用も必須です。

洗濯機の大掃除チェックリスト

洗濯機の大掃除場所一覧

キレイになったはずの洗濯物からイヤな匂いがする場合、大掃除では洗濯機の掃除も念入りにするのがおすすめです。洗濯機の大掃除リストは以下です。

・洗濯槽
・洗剤入れ場
・洗濯バン、排水ホース

洗濯機の大掃除に必要なグッズや洗剤

洗濯機の大掃除に使うと便利な掃除グッズは、洗濯槽専用の酸素系漂白剤です。通常の酸素系漂白剤でも代用できます。また、洗剤入れ場に残った洗剤や柔軟剤は、水を含ませた雑巾で拭き取ってください。

洗濯機の大掃除のポイント

洗濯機の大掃除では、洗濯槽のカビや汚れをキレイにしておきましょう。まずはぬるま湯をためて、規定量の酸素系漂白剤を投入します。15分運転後に数時間放置して、再度15分運転したら排水して漂白剤を洗い流します。

トイレの大掃除チェックリスト

トイレの大掃除場所一覧 

トイレ掃除は気が進まず面倒だと感じる人が多いかもしれません。しかし、汚れが溜まりやすい場所だからこそ、大掃除で徹底的に掃除をしておきましょう。トイレの大掃除リストは以下のとおりです。

・便器の中
・便器の外
・壁、床
・手洗い場、タンク

トイレの大掃除に必要なグッズや洗剤

トイレを大掃除するときには、トイレ専用の洗剤と重曹、クエン酸も活用しましょう。ゴム手袋と便器用ブラシは必須です。使い捨てタイプのお掃除シートがあると、トイレの大掃除がより手軽に進められます。

トイレの大掃除のポイント

毎日の軽い掃除をしておけば、便器の頑固な汚れは防げます。普段の掃除で意外と忘れがちなのが、壁や床の掃除です。水や尿の飛び散りがあるので、重曹とクエン酸スプレーで拭き掃除を行いましょう。

お部屋(リビングなど)の大掃除チェックリスト

お部屋(リビングなど)の大掃除場所一覧

リビングや部屋の大掃除では、まず片付けをしてから掃除すると効率的です。大掃除のタイミングで、不要になったものを処分するのもおすすめです。リビングや部屋の大掃除場所リストは以下のとおりです。

・床
・エアコン
・窓ガラス、サッシ、網戸
・照明器具
・天井、壁
・カーテン
・家電

お部屋(リビングなど)の大掃除に必要なグッズや洗剤

リビングや各部屋の掃除をする際には、床の素材に合った掃除方法を選ぶことが大切です。掃除機や床用洗剤、ワックスなどを活用しましょう。窓ガラス専用の洗剤とワイパー、サッシ掃除には不要になった歯ブラシもあると便利です。

お部屋(リビングなど)の大掃除のポイント

普段の部屋掃除でなかなかできないのが、エアコンの掃除です。大掃除のタイミングで、エアコンの掃除も必ず行いましょう。エアコンの自動洗浄機能も活用してください。結露による湿気や埃が溜まると、カビが発生しやすくなります。エアコン前面のフィルターを外して洗浄し、しっかりと乾燥させてから戻します。エアコン内部の匂いが気になる場合には、専門業者に内部の洗浄を依頼するのがおすすめです。

ベランダの大掃除チェックリスト

ベランダの大掃除場所一覧

室内に比べて優先順位が低いので、ついつい掃除が後回しになりがちなベランダですが、大掃除のタイミングでしっかり掃除してください。ベランダの大掃除の掃除場所リストは以下のとおりです。

・網戸、雨戸
・床
・手すり

ベランダの大掃除に必要なグッズや洗剤

ベランダには土埃が溜まりやすいので、ちりとりとほうきで土埃を集めてください。埃がたつのが気になる場合には、新聞紙を濡らしてちぎり、ベランダにまいてからちりとりとほうきで掃いて捨てる方法がおすすめです。

ベランダの大掃除のポイント

ベランダは、2〜3か月に1回掃除するのがおすすめです。大掃除でベランダの掃除をしたら、次は2〜3か月後に掃除しましょう。ベランダ掃除は土埃が舞うので、小雨や曇りの日か、風がない日に大掃除するのがおすすめです。集合住宅の場合には、近隣のお宅に配慮してベランダ掃除をしてください。また、ベランダの大掃除をする場合には、まずベランダに置いてあるものを片付けてから掃除をスタートします。不要なものは大掃除のタイミングで処分しましょう。

玄関の大掃除チェックリスト

玄関の大掃除場所一覧

室内よりも掃除頻度が低い玄関は、大掃除のときに徹底的にキレイにしましょう。来客が増える年末年始を前に、家の顔ともいえる玄関の掃除をしておくのがおすすめです。玄関の大掃除リストは以下のとおりです。

・ドア
・天井、照明
・床、壁
・靴箱

玄関の大掃除に必要なグッズや洗剤

外部から土埃が入る玄関では、まずほうきとちりとりで土埃をとってから水拭きまたは洗剤で掃除します。重曹や酸素系漂白剤、ゴム手袋と雑巾を準備してください。

玄関の大掃除のポイント

玄関の大掃除では、土埃が舞うので、水で濡らした新聞紙をちぎって埃を吸着させてから掃除するのがおすすめです。ドアや床は固くしぼった雑巾で水拭きするか、汚れがひどいときには洗剤を使ってください。

大掃除を効率的に進めるには?

大掃除する場所を片付けておく

年末の忙しい時期にする大掃除は、できるだけ手早く終わらせましょう。そのためには、大掃除する場所をあらかじめ片付けておくことが大切です。片付けをしながら掃除をすると、余計な時間がかかってしまい、なかなか終わりません。大掃除のスケジュールを立てたら、その日までに片付けを終わらせておくのがおすすめです。
不用品などを処分する場合にも、大掃除の日までに対応しておいてください。不用品の種類ごとにゴミの回収日が異なりますので、回収日を確認しておくとゴミが捨てやすくなります。まだ使えそうなものは、捨ててしまうのはもったいない場合もあります。リサイクル品として引き取ってもらうことも検討しましょう。

洗剤と掃除道具を準備しておく

大掃除を効率的に進めたいなら、大掃除に必要な洗剤と掃除道具がすべてそろっているかどうかを確認しておきましょう。途中で洗剤が足りなくなって買いに行くと、その分時間のロスになるからです。大掃除の前日までに必要なものをチェックして、足りないものは購入しておきましょう。
大掃除に使う掃除用品は、新品で購入する必要はありません。雑巾として使う布は、着古した衣類で代用できます。大掃除前に片付けをする際に、着なくなった服やサイズアウトした子供服などがあれば、雑巾として使うために保管しておきましょう。また、専用の洗剤がなくても、重曹やクエン酸で十分掃除できる場所もあるので、家にあるもので掃除する方法も検討してください。

掃除は上から下、奥から手前に

大掃除を短時間で終わらせる場合には、まず当日に掃除する場所の汚れ具合をチェックします。汚れがひどい場所があった場合には、あらかじめ洗剤をつけて汚れを浮かせておきましょう。汚れが浮いてくるまでの時間はほかの場所を掃除しておけば、時間の節約になります。
また、掃除に時間がかかる場所ばかりに手をかけると、予定通りに大掃除が完了しない可能性があります。頑固な汚れが落ちないと感じたらその場所の掃除は中止して、次の場所に移る判断をすることも必要です。
掃除の基本は、上から下、奥から手前に進めることです。一度の掃除で汚れがすっきりと落ちるように、この順序を守って進めるとよいでしょう。

大掃除の後にキレイを保つための工夫

汚れたらその都度掃除をする

大掃除で家中がピカピカになったら、キレイな状態をできるだけ長くキープしたいと思うものです。キレイな状態を維持するためには、使うたびにちょこっと掃除をするのがおすすめです。汚れたらこまめに掃除すると、汚れがこびりつかず、簡単に落とせます。家族みんなで自宅をキレイに保つ意識を共有して、汚した人がその都度掃除するようにしましょう。個々の負担にならずに、大掃除の後もキレイな状態を保てます。

カビは発生する前に防ぐ

湿気が溜まりやすい水回りなどのカビは、大掃除でしっかりとキレイにしたら、再びカビが発生するのを防ぎましょう。カビは発生してからだと除去しにくいので、まずは発生を防ぐことを心がけてください。水回りを使ったあとの換気はもちろん、水分が残っていたらタオルなどでしっかりと拭き取ることで、カビの発生を抑えることが可能です。洗面台や浴室、キッチンシンクは、使用後には水分を拭き取ることを習慣づけましょう。

油汚れは便利グッズ活用で汚れを予防

大掃除では、キッチンの換気扇やコンロの油汚れも念入りに洗浄します。油汚れも、再び汚れてしまうと掃除が大変な汚れのひとつです。そのため、大掃除の後には、便利グッズを活用して汚れを予防するのがおすすめです。コンロの周りには油跳ね防止のシートを使えば、シートが汚れたらはがして新しいものに交換するだけなので簡単です。また、キッチンの換気扇には、使い捨ての換気扇フィルターを設置すれば、こまめに交換してキレイを保てます。

プロの大掃除は「クリーンクルー」にお任せ!

業者掃除のメリット

年末の忙しい時期に大掃除をする余裕がないという人は、掃除のプロにハウスクリーニングを依頼するのもおすすめです。プロの技でピカピカになった自宅なら、毎日の掃除もはかどります。クリーンクルーでは、汚れが気になる場所をまとめて依頼できるプランが59,800円です。

クリーンクルーのおまかせおそうじ7ヵ所セット

料金相場

クリーンクルーでは、レンジフード、キッチン、浴槽、トイレ、洗面所、窓、床の7点をまとめて掃除してくれるプランが、通常価格より41%とお得に依頼できるチャンスです。この機会にぜひ、掃除のプロに依頼してみましょう。

まとめ

大掃除は、1年の汚れをすっきりと落として、気持ちよく新年を迎えるのに欠かせない掃除です。掃除をする場所が多いので、大掃除リストを作って計画的に進めていきましょう。この記事で紹介したリストの作り方とわかりやすいテンプレートを参考にしてください。チェックリストが管理できるアプリなどを活用するのもおすすめです。大掃除が大変だと思ったら、お掃除のプロであるクリーンクルーに大掃除を依頼してみてください。

クリーンクルーなら!
お客様のご要望に合わせた
プランが豊富!

WEBから無料見積もり

簡単にできるトイレ掃除の方法!楽にするアイテムやコツもご紹介対応エリア

  • 0120-331-839
  • カレンダーで予約
  • LINEお問合せ
  • メールお問合せ

MENU