お掃除専門店クリーンクルー

  • WEBお見積もり
0120-331-839
  • WEBお見積もり
0120-331-839

コラム

コラム

エアコンの室外機も掃除しないとダメ?!

エアコンの室外機の役割とは?

室外機

エアコンは本体だけで作動できません。本体を室内機といいますが、それと同じように室外機も必要です。室内機と室外機は2つセットでエアコンなのです。しかし、室外機はその名前の通り外に設置します。そのため、重要な役割を果たしてくれている室外機について、忘れがちになります。

エアコンは、まず冷房の場合、室内にこもっている熱を外に排出することによって、室内の温度を低くしています。エアコンの室内機から吹いてくる風が室内を冷やしていると考えている人も多いのですが、実はそうではありません。いかに部屋の中の熱を外に出せるか、が大事です。室内機と室外機はパイプでつながれていて、その中に冷媒と呼ばれる物質があり、この冷媒という物質が部屋の中にある熱を外に運び出しています。

反対に暖房のときは、室外機で熱を蓄え。それを室内機のほうに送っています。

エアコンの消費電力のうち、約90%は室外機が作動することで発生している、ということは知っているでしょうか?そのため、エアコンクリーニングをするときには、エアコンの室内機だけではなく室外機もきれいにすることで、効率よく働いてくれるようになるでしょう。効率が良くなれば、節電にもなります。

室外機を掃除すると節電になる!

節電

エアコンを掃除するとなると、メインとして考えるのは室内機ですよね。室内についている、いわゆる本体と呼ばれる方です。しかし、室内機だけをクリーニングするだけでは不十分です。エアコンの室外機も同時にクリーニングすることをおすすめします。

エアコンの室外機は掃除したことがない・・・という人も多いでしょう。自宅でできる掃除方法は、まず外側を洗い流すといった簡単なものです。ホコリや泥は、室外に置いてあるので自然と溜まりやすくなります。そういったゴミで室外機の吸い込み部分が閉ざされてしまうと、働きが悪くなってしまいます。室外機の吸い込み部分は、汚れが目立つ前にこまめに掃除しておけば、汚れも落ちやすく楽に掃除できます。

室外機を掃除することで、実際に電力の消費8%程度が減少します。節電効果は確かですね!1時間あたり20円の消費電力だと考えてみても、1時間で18円ぐらいにはなります。それだけの金額・・・と思うかもしれませんが、ひと月単位で考えてエアコンを使っている時間数を計算してみてください。1日12時間でも、24円ですよね。1時間たったの2円でも、かなり差が出ます。室外機も掃除して節電を目指しましょう!

エアコン室外機のお手入れポイント

室外機お手入れ

エアコンクリーニングで室外機を掃除するといっても、今まで掃除したことがないしどうやって掃除したらいいの?と思いますよね。

まずエアコンの室外機を掃除する方法ですが、室外機の外側、普段見える範囲に汚れがないかどうかをチェックしてください。外側なので汚れていればすぐに見てわかるはずです。エアコンの室外機には、格子状になった部分があります。熱を外に放出する大事な場所ですが、格子状なのでほこりが詰まりやすくなっています。室外機はあまり触れない場所にあることも多いため、クモの巣が絡まっていることもあります。

ホウキなどで簡単に落とせる汚れは落としておいてくださいね。もちろん側面や裏も同様に汚れを落としましょう。さらに、意外と見落としがちなのが室外機の下です。ここはポイントですね。室外機の下には水抜き穴というものがついているのですが、汚れがあると水がたまってしまいます。エアコンの性能低下につながるだけではなく、ショートにもなるので気を付けてくださいね。

室外機を掃除するときに気を付けてほしいのは、エアコンは必ず切ってから行うこと!ファンが回っていると、ふとしたときに手が触れてケガをしてしまいます。
また、水をかけるなどして外側を掃除するのですが、水は必ず上からかけてください。下からかけると内部にまで水が浸透して故障の原因になります。

あまり掃除をしない室外機ですが、年に1回から2回ほどは掃除できるといいですね。室外機の掃除で簡単に節電ができます。

室外機の工夫で節電!

日除け

エアコンクリーニングで室外機を掃除する以外に、節電対策としておすすめしたい方法があります。それは、室外機にカバーを付けるという方法です。

室外機を設置したままでカバーも何もつけていないというご家庭は多いですが、室外機を設置する場所や設置方法によって、実は消費しなくてもいい余計な電力を消費している可能性があります。

室外機による消費電力をできるだけ抑えるために作られたのが室外機カバーです。室外機カバーとは、室外機に取り付ける屋根のようなもののことです。どうしてエアコンの室外機にカバーが必要なのかというと、最大の目的はエアコンの室外機が直射日光にさらされてしまい、効率が悪くならないように・・・ですね。直射日光にあたると、どうしても効率が悪くなって、余計に働いて消費電力が高くなります。

室外機カバーを付けると、少ない電力だけで冷房がしっかりと効くようになるため、節電にはぴったりですね。節電効果だけではなく、汚れや老朽化防止にもつながります。室外にあるので、どうしても雨やほこり、ごみなどが多くつきやすいです。でも、カバーがあれば汚れることはありません。

それ以外にも、夏はすだれなどをかけて直射日光が当たらないようにする、室外機の前に荷物を置いて熱の排出を防がない…など室外機に対してできる限りのことをしておくと、消費する電気は最小限に抑えられそうです。

ご自身で室外機まで掃除するのはちょっと面倒・・・という方は、もちろんクリーンクルーで室外機のクリーニングも承っています!エアコンとセットでクリーニングすることで、より一層節電効果もアップ!

1 / 212

クリーンクルーなら!
お客様のご要望に合わせた
プランが豊富!

0120-331-839

WEBから無料見積もり

  • WEB見積もり
  • 0120-331-839

MENU