エアコンクリーニングの料金相場は?頻度や安く抑えるコツを紹介

コラム

コラム

エアコンクリーニングの料金相場は?頻度や安く抑えるコツを紹介

  • 公開日:2022年07月04日
  • 更新日:2022年07月04日

エアコンは一年を通じて最もよく使われる家電製品の1つです。それだけに、ホコリやカビなどがたまって運転時に臭いが発生したり、冷暖房効率が低くなったりというトラブルも発生しがちです。そんなエアコンの内部をきれいにしてくれるのがエアコンクリーニングです。
この記事では、エアコンクリーニングの料金相場や、費用を安く抑えるためのコツなどを詳しく解説します。

【目次】

エアコンクリーニングの料金相場について

「エアコンを頻繁に使用する季節が来る前に、クリーニングで内部まできれいにしたい」と考えていても、料金相場がわからなくて依頼をためらっている人もいるのではないでしょうか。
エアコンのクリーニングは、依頼するエアコンのタイプや業者によって料金が変わってきます。標準のプランでおこなわれる作業内容も違いがあるので、詳しい金額は依頼する業者から見積もりをとって確認してください。自分の家に設置してあるエアコンをクリーニングするにはいくらかかるのか、まずはおおよその料金相場についてチェックしましょう。

家庭用壁掛けタイプの料金相場

一般的な家庭で主に使用されているエアコンは、壁掛けタイプです。このタイプのエアコンクリーニングの料金相場は、10,000円から20,000円程度です。
エアコン自体におそうじ機能がついている機種は、エアコン内部が複雑な構造をしています。そのため、清掃方法が通常のエアコンと異なり、分解や組み立てなどの作業に手間がかかります。おそうじ機能がついていない機種と比べると料金が高くなる業者が多く、12,000円から20,000円程度が相場となっています。

家庭用埋込タイプの料金相場

天井に埋め込まれているタイプのエアコンは、もともと会社やお店などに使用されることが多いですが、近年では家庭用もあり、一般住宅でも使われるようになっています。
家庭用埋込タイプのエアコンクリーニング料金相場は、20,000円から30,000円程度です。壁掛けタイプよりも高い場所に設置されていたり、構造が複雑であったりするケースが多いために、壁掛けタイプよりも料金相場が高くなっています。
また、埋込タイプの場合もおそうじ機能がついている機種は少し相場が高くなり、22,000円から30,000円程度です。

料金相場は季節によって異なる

エアコンクリーニングは季節によって依頼の量が異なるので、それにともなって料金も変動します。夏や冬など、依頼が集中する季節はクリーニング代が高く設定され、反対に春や秋など依頼が少ない季節はクリーニング代が低く設定されていることがほとんどです。そのため、エアコンクリーニング代をなるべく安く抑えるためには、依頼が少ない季節を選ぶことが重要になります。
夏や冬など、エアコンを頻繁に使用する季節が来る前や、暑さ寒さのピークが過ぎてエアコンの使用頻度が下がったタイミングにエアコンクリーニングを依頼するとよいでしょう。

エアコン掃除におすすめの季節は春と秋!

エアコンを最もよく利用するのは夏と冬です。この季節は「使用しようと思ったら臭いが気になるので掃除をしたい」「使用している間に効きが悪くなったのでクリーニングをしたい」などという依頼が集中します。
エアコンクリーニングの業者にとっては繁忙期ともいえる季節のため、夏と冬はエアコンクリーニングの料金が高くなる傾向にあるのです。また、依頼が集中することで、依頼の受け付けから実際に掃除をしてもらうまでに時間がかかってしまう事態も考えられます。反対に、依頼が少なくなりがちな春と秋の4月・5月や9月・10月には、サービス料金が設定されていて、より割安でエアコンクリーニングをおこなえる業者もあるのです。
エアコンを使うピークが過ぎた時期にクリーニングをしておけば、次のシーズンにはきれいな状態のエアコンを使えます。シーズンの始まりからエアコンを快適に使用するためにも、エアコンクリーニングは春と秋に済ませておくのがおすすめです。

エアコンクリーニング代を安く抑える方法

快適にエアコンを使用するために必要なエアコンクリーニングですが、決して安いものではありません。できることなら費用をなるべく安く抑えたいものです。そこで、エアコンクリーニング代を安く抑えるための4つのポイントをまとめました。少しでも出費を抑えてエアコンクリーニングをおこないたい人は試してみてください。

2台以上のエアコンをまとめてクリーニング依頼する

エアコンクリーニングの業者の中には、2台以上のエアコンをまとめてクリーニングすると割引を適用してくれる業者がいます。1台につき1,000円から2,000円程度割り引いてくれる場合もあるので、上手に利用すると、通常よりも安い価格でお得にエアコンクリーニングをおこなうことが可能です。シーズン到来前に家中のエアコンをまとめてクリーニングすれば、暑い夏や寒い冬も快適に過ごせます。

複数の業者から見積もりをとる

エアコンクリーニングを依頼するときは、1つの業者だけではなく、必ず複数の業者から見積もりをとって、一番安いところに依頼するようにすると、エアコンクリーニング代を安く抑えられます。インターネットやアプリなどで、一度情報を入力するだけで複数の業者の見積もりを取り寄せられるサービスもあるので活用するとよいでしょう。
ただし、あまりに安い業者は後にトラプルの元になる危険性もあります。提示された価格の安さだけにつられるのではなく、口コミや実績もチェックして総合的に判断してください。

オプションなどの清掃内容を吟味する

エアコンクリーニングを依頼すると、室外機の清掃やエアコン内部の除菌・消臭などさまざまな有料オプションを勧められることがあります。しかし、それらのオプションをつけてしまうと結果的にエアコンクリーニング代が高くなってしまいます。オプションをつける場合には、自分にとって本当に必要があるかどうか判断し、余分なオプションをつけてしまわないように注意が必要です。
業者によって通常清掃の内容が異なるため、自分にとって必要な内容が有料オプションである場合もあります。見積もりの段階でエアコンクリーニング代金が低くても、金額だけで判断せず、内容を吟味してから決定するようにしましょう。

自分でこまめに点検・清掃をおこなう

エアコン内部のファンなどは自力で清掃できないため、業者にクリーニングを依頼しなければなりませんが、その手前のフィルターなどは自分で掃除することも可能です。こまめにフィルターを掃除すると、ホコリがたまりにくくなるため内部も汚れにくくなり、異臭や冷暖房効率の低下も防げます。
自分で全く掃除をせずに使い続けた場合、季節ごとにかなりのホコリなどがたまるので頻繁にクリーニングを依頼しなければなりませんが、できる部分だけでも定期的に掃除をしておくと、クリーニングの頻度を下げられて、結果的にエアコンクリーニングの費用を抑えることにつながります。また、エアコンの寿命を延ばすことにもなるのでおすすめです。

エアコンクリーニングの頻度

エアコンは家電の中でも1日の使用時間が長く、ホコリがたまって汚れやすい家電の1つです。また、長時間運転しているうちにエアコンの内部に水分が溜まるなどしてカビも発生しやすい状態になります。
汚れたままの状態でエアコンを使用し続けていると、冷暖房の運転効率が下がるだけではなく、カビやハウスダストが部屋中に散らばって、アレルギーなどの原因になる可能性があるのです。
そのような状態を防ぐためにも、エアコンクリーニングは最低でも1年に1回以上行うとよいでしょう。業者によるエアコンクリーニングに加えて、簡単なフィルター清掃を定期的に行うとエアコン内部の清潔さが保たれ、良い状態を維持できます。エアコンのフィルター清掃は、2週間に1回程度の頻度でおこなうのがおすすめです。
近年発売されているエアコンの中にはおそうじ機能がついているものもありますが、これは主にフィルターを掃除するための機能であり、ファンなどのエアコン内部を清掃するものではありません。おそうじ機能がついているエアコンであっても、1〜2年に1回は専門の業者にエアコンクリーニングを依頼することをおすすめします。

エアコンクリーニングにかかる時間

エアコンクリーニングは、エアコンを分解し、周囲に洗剤や汚れが飛び散らないように養生をしてからそれぞれのパーツを洗浄、拭きあげた後に再度組み立てて、試運転をおこなって終了する、という流れでおこなわれます。
エアコンクリーニングにかかる時間はエアコンの機種や汚れの程度、実際にクリーニングをおこなう作業員の手際などによっても多少前後しますが、一般的な壁掛けタイプのエアコン1台あたり1時間30分から2時間ほどです。おそうじ機能がついている機種のエアコンについては、内部の構造が複雑なため、分解に時間がかかります。そのため、おそうじ機能がついていない壁掛けタイプのエアコンをクリーニングするよりも時間がかかる場合が一般的です。
同様に埋込タイプのエアコンの場合も、高い場所に設置されていることが多く分解に時間がかかります。埋込タイプのエアコンをクリーニングする際は、2時間ほどかかると考えておくとよいでしょう。
さらに、室外機の清掃やオプションメニューの追加などによって時間が長くかかる場合もあります。突発的なトラブルがおこるなどして、かかる時間が伸びてしまう可能性もあるので、エアコンクリーニングを依頼する際には時間にゆとりを持って予定しておきましょう。
作業中はエアコンが使用できなくなるので、真夏や真冬のように暑さや寒さが厳しい季節は避けたほうが無難です。

エアコンクリーニングはクリーンクルーへ

クリーンクルーでは、熟練したスキルを持つベテラン清掃員がエアコンを丁寧に分解して、細かいパーツや普段見えないエアコンの奥の部分まで徹底的に洗浄してくれます。専用の高圧洗浄機や、プロ仕様の専用洗剤を使うのでホコリはもちろん、油汚れやタバコのヤニなどのしつこい汚れもすっきり落ちる洗浄力です。
実際にクリーンクルーでエアコンクリーニングを依頼した利用者からは、「クリーニング終了後は、臭いもすっきりとなくなり、出てくる風が深呼吸したくなるほどきれいに感じました。」「丁寧にすみずみまでクリーニングしていただき、プロのクリーニングはやはり違うんだな―と感じました。洗浄した汚水も見せていただき、汚れがしっかり落とせていることが実感できて楽しかったです!」というようなレビューが届いています。
クリーンクルーでは壁掛けタイプのエアコンクリーニングが、1台10,000円前後から依頼できます。室外機の清掃や防カビ・抗菌コートなどのオプションメニューも豊富です。さらに複数のエアコンを同時にクリーニングする際の割引や、お得なキャンペーンも開催しています。お得にエアコンクリーニングを依頼したい人におすすめです。
問い合わせは電話だけではなくメールやLINEでもできるので、気軽に予約や見積り依頼ができます。

エアコンクリーニング・掃除(分解・高圧洗浄)ならプロがおすすめ!

まとめ

エアコンクリーニングはエアコンを快適に使用するために必要不可欠です。料金相場は季節によって異なりますが、一般的な家庭用壁掛けタイプのエアコンが1台10,000円程度、埋込タイプのエアコンが1台20,000円程度になります。クリーニングにかかる時間は、1台につき1時間30分から2時間程度です。季節によってクリーニング代金に変動があるので、低価格で依頼できて次のシーズンの準備ができる春と秋に掃除するのがおすすめです。シーズンごとに内部までしっかり清掃しておくことがベストですが、少なくとも1年に1回はクリーニングをおこないましょう。

1 / 1112345...10...最後 »

クリーンクルーなら!
お客様のご要望に合わせた
プランが豊富!

ハウスクリーニング・エアコンクリーニングサービス対応エリア

MENU